大学受験の英単語帳

大学受験に英単語は必須なはず。文系理系問わずに多くの大学で英語は出るので英単語を覚えなければなりません。色々な英単語帳に手を出している人もいると思いますが、それが必要ない理由を述べています。



英単語帳が1シリーズで十分な理由

英単語帳にはいろいろなシリーズがあります。それらを何シリーズも買う必要はないのです。たしかに、必要な単語を網羅しているシリーズはないので、いくつも買いたくなる気持ちは分かります。しかし、それは時間の無駄になるのです。

はっきり言って網羅している必要は全くないのです。というのも、英単語帳だけで英単語は勉強するものではありません。長文読解や英作文で知らない単語が出てきたときには、それをきちんと暗記するのが大事です。長文読解などで実際に出てくる単語は重要である可能性が高いうえ、入試問題中での使われ方を学ぶためにも、そちらを覚えるのが非常に大事になってきます。英単語帳というのは、長文読解を読み進めるために最低限必要な単語を身につけるために使うものなのです。

英単語を1シリーズだけやる意義

入門編、標準編、発展編、のようなシリーズがあるとします。このシリーズ内では単語が被っていないので、効率よく学ぶことができます。複数のシリーズに手を出してしまうと、出てくる単語が被るだけでなく、その単語の解説にも癖があるので混乱のもとになります。同じ単語の説明でも訳し方が多少違うことがあるのです。

英単語を覚えるときに意識すること

まずはメインの意味を覚えることが大事です。メインの意味を覚えることで、その単語のイメージというのを頭の中で作ることができます。イメージを掴むというのは、文章を速く読む際に重要になってくるポイントです。

次に、メインの意味と大きく異なる意味があればそれを覚えます。そのような意味が含まれている単語はそれほど多くないはずなので、そこの部分をきちんとカバーしましょう。文法問題や和訳問題で問われやすいのはそういう単語です。

文章を読み進めるのに必要なのはメインの意味、問題にされやすいのはメイン以外の意味、というのを意識して単語を覚えていきましょう。



まとめ

英単語帳を複数シリーズ使う必要がないというのは分かっていただけたでしょうか。どれかをきちんと選んで、それを徹底的にやりこみましょう。

ターゲット速読英単語がおすすめです。どちらも標準的な単語帳シリーズになっています。おすすめ参考書紹介にも書いているので、そちらもご覧ください。