自由英作文の書き方を紹介

自由英作文って、和文英訳を書ける人でも意外と難しかったり時間がかかったりするものです。

どのような手順で書けば、短時間で点数が取れる英作文になるのでしょうか。それを実際に問題を解きながら説明していきます。



問題テーマ

今回は、自由英作文のテーマとして頻出の「~するためにはどうすればよいか」という形式のものを取り扱っていこうと思います。

ということで私が書く英作文のテーマは「日本を訪れる外国人を増やすためにはどうすればよいか」です。語数は80100語とします。

何を書くかを決める

もちろん、最初は何を書くかを決めなければなりません。80100語となると、外国人を増やす方法を23個取り上げることになると思います。

このときに、思いつくのであれば3個方法を取り上げるのが良いです。理由としては、提案する方法を少なくするほど、1つの方法について詳しく書く必要が出てきます。そうすると、必然的に高い英語力が求められるようになるのです。1つひとつについては、簡潔に書いたほうが英語力が低くても対応でき、文法ミスが減るはずです。

そうは言っても、なかなか3つも案が浮かぶ人はいないと思うので、今回は2つの方法について書いてみましょう。

私ならば、1つ目は「英語の表記を街中に増やす」、2つ目は「観光地同士の交通網を充実させる」、というように決めます。

それぞれの案について内容を深める

案を出しただけでは英作文は書けません。それぞれについて深めていく必要があります。

ここではもちろん理由を書いていくのですが、理由という漠然とした言葉では難しいと思います。おすすめなのが「今はこうなっている」「この方法をとる」「こう変わる」の3点を書くことです。現状、方法、結果ですね。

まず、「英語の表記を街中に増やす」について内容を深めていきます。現状としては「英語が看板などに少なくて外国人が困りやすい」と書きます。方法は「英語の表記を増やす」。結果は必然的に「外国人が過ごしやすくなる」となるはずです。

次に、「観光地同士の交通網を充実させる」についてです。現状は「都会から離れた観光地には行きにくい」ですね。方法は「電車などの交通網を整備する」となり、結果は「気軽に色々な観光地に行くことができる」となります。

これらの内容を英語にしてきれいにまとめていきます。

実際に書いてみる

実際に自由英作文を書いていきましょう。

まずは導入部分です。ここではいくつ方法があるかというのを述べていきます。

I think there are two ways to increase foreigners visiting Japan.

導入でごちゃごちゃ書くのは難しいので、この1文だけでOKです。

次に本文パート1を書いていきます。1つ目の方法についてですね。

Firstly, we need to increase information written in English in our town. Many foreigners cannot read Japanese, so they get confused with Japanese information. If we increase English information in our town, it will become more comfortable for foreign people.

このようにすると先ほど日本語で書いた3つの点がきちんとふくまれていますね。若干重複している部分も見られますが、許容範囲でしょう。書きやすさが何より大事です。

同じように本文パート2を書いていきます。

Secondly, we need to make better transportation system. There are many sightseeing spots which is hard to go from urban areas. I think it is important to make train lines to make it easier to go to sightseeing spots.

こちらも3つの点が押さえられているはずです。

これらをすべてくっつければ自由英作文の完成です。軽く見直しをして、スペルや文法のミスがないかを確かめましょう。

ちなみに、結論はつけてもつけなくても大丈夫です。意見を求められるような作文なら「というわけで私は賛成です」みたいにつけやすいですが、今回のような例ではつけにくいので、つけなくてよいです。



まとめ

このように、構成をしっかりしておけば、あとは簡単な英語の表現だけでも結構きれいな英作文ができるようになるわけです。

難しい単語や文法は自由英作文に必要ないです。また、完璧を求めるのではなく、8割を確実に取れるような書き方をしていくのも大切です。細かいところに気を配りすぎず、ある程度のところで妥協しましょう。

自由英作文の問題を色々解いていくなかで、このような構成のテンプレートをいくつか自分の中で作っていき、本番に対処するのが良いです。ぜひ実践してみてください。

英作文の書き方という一般論についての記事も書いているので、ぜひ読んでみてください↓↓