東大生の恋愛事情

東大生というと頭の良い人たちで、あまり恋愛をしているイメージはないと思います。それでは実際彼らの恋愛事情はどうなっているのでしょうか。現役東大生が周りの人々の様子を見て感じたことを語っていきます。



東大生の男女比

東大での恋愛を考えるためにはまず東大の男女比について考えなくてはなりません。現在、東大全体で女子は20%弱となっています。そのため、大学内で恋愛をしようとすると、男としては倍率が4倍となるわけですね。これは、男側は非常に大変!さらに言うと、私は理系なので、女子率がさらに下がります。おそらく女子は理系全体の15%ほどだと思われ、さらに出会いの場が失われていくわけです()

東京大学は色々な取り組みをして女子率を上げようとしています。女子の集まりを作ったり、女子学生にお金を支給したり、女子の暮らしやすいキャンパスづくりをしたりしています。昔はもっと女子率が低かったことを考えると成果はあがってきているのかもしれませんが、目標としている20%越えは未だにギリギリ達成されない状況が続いています。この事実もあり、男女平等性とかの指標は海外の大学と比べて低い状況が続いております。

東大生の恋愛経験

まず、ほとんどの東大生は恋愛が得意ではないと思います。一部は除きますが、大体の人は大学に入った時点でお付き合い経験がほとんどない(というか全くない)状況だと思います。

恋愛経験が少ない原因として、男子高出身、女子高出身、という人が多いことが挙げられます。東大生の半分は男女別学出身で、さらにその多くは中高一貫校です。つまり、中学高校と、恋愛盛りの6年間、自分の学校に異性がいない状況なわけです。

では、恋愛してきた数少ない東大生はどんな人たちなのでしょうか。

1つ目は、普通に男女共学の学校に通っていた人たちです。彼らは一応異性との交流が普段からできる状況ではあったはずなので、可能性は高いです。ただ、勉強を頑張っていたという人が多いので、実際にお付き合いまでしていた人となると少なそうですね。

2つ目は、塾です。塾に行けば色々な高校から生徒が集まってきます。普段異性と関われない状況でも、塾ではそれが可能になるのです。そんな中で多いのが、女子高の女の子が塾の先生を好きになってしまう例なんですよね。女子高生は大人な男の人が好きなのでしょうか、それとも東大女子だからでしょうか。周りではそういう女の子が結構多い気がします。それが成就している例は少なそうですけどね……

東大に入ってからの恋愛

高校まででは恋愛経験が少ない東大生。大学に入ってからはどうなのでしょうか。

全体のイメージとしては、女の人のほうが恋愛している人が多いと思います。というよりか、あからさまに恋愛できなそうという男の人が多かったり、他のことに熱中して女の人に労力を割かなそうな男の人が多かったりするので、割合としては女の人のほうが恋愛していそうです。全く恋愛していないような女の人は2~3割とかじゃないでしょうか。それでも、何回も恋人が変わっているような人は少なく、ある程度長く続いているカップルが多いと思います。

女の人はやはり人数が少ないせいか、同じく東大生とお付き合いしている例が多いです。同じクラス、同じ学科、同じサークル、というようなありきたりなパターンもありますが、東大受験生御用達の塾出身同士で、大学に入ってからお付き合いにまで発展するということもあるようです。あと、他の大学の人だと少し東大女子というのを遠ざけてしまいがちだというのも聞きます。男の人は自分より頭の良い女の人とお付き合いするのはあまり良しとしないのでしょうかね。

男の人は、東大女子と付き合っている例も多いですが、ある程度恋愛に慣れているような人だと他の大学の人と付き合っていることも多いです。インカレサークルだったり、高校からの知り合いだったりですね。東大生を狙う女の人もいるという噂もあります。確かに、医学部の部活だと異様にマネージャーが多いような……?似た理由で、男の人は大学卒業後にモテるようになるらしいです。



まとめ

どうでしょうか。東大内部から見た東大生の恋愛はこんな感じです。東大生へのイメージが少し変わりましたか?慣れないなりに頑張っているんだな、と微笑ましく思ってもらえたらありがたいです。